SSブログ

人こそ「宝物」だ~2023紅白

 謹賀新年。

 今年は1月1日に能登で大地震が発生し、明けましておめでとうとも言い難い、年明けになりました。
 被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
 
 また、東日本大震災のときに私も色々思いましたが、直接の被害に遭っていなくても、心に影響を受ける人が多くいます。
 大変な思いをしている方がおられるのに、普通に暮らしていることに、罪の意識を持つ人もいます。
 でも!
 直接現地に行ってボランティア活動をする等でなくても、世界は繋がっているので、自分のいる場所で普段通りの役割を果たすことは世の中全体の余力を生み、被災された方への支援、復興支援になります。
 そう思って私も毎日を生きていきたい、という心境です。
 
 さて、毎年書いている紅白歌合戦の感想ですが、私の印象に残ったのは、Adoさんでした。

 年末は歌番組が多く、いくつかAdoさんの出演は見ましたが、紅白はまた格別だったように思います。

 MISIAさんはいつも感動させられる(今回もそうだった!)のですが、まだ世代も近く、「馴染みある感じの凄い人」という存在に思っています。

 一方で、Adoさんはまた違う。
 上手なのも間違いないですが、とにかく「超絶」「別次元」という感じがします。
 野球のピッチャーにたとえると、175㎞くらいのストレートと、8種類くらいのキレキレの変化球を投げる、人間離れした存在に思えます。 
 しかし、AIでもなんでもなく、まごうことなく「人間」であって、テレビに映る影や声から感じるものも、「ひとりの人間」ということを強く感じさせられます。
 ここまでパフォーマンスを高めるというのも、並大抵ではなく、また、恐らく、本人も身を削るような思いなのではないか、と思え、「宝物」、とにかく、大切に大切にしたい「宝物」という感じがしました。

 一言で言うと、才あふれる若い人を見る48歳の思い、ということです。
 「私も負けんように頑張ろう」みたいな感想よりも、「とにかくこの才を大切に」また「芸もともかく、この人がとにかく幸せでありますように」という思いを抱きました。

 音楽の世界では、ボーカロイドや、歌唱動画などから世に出ることが可能になったことから、沢山の才能が花開いて、「異次元」の世界、ワクワクする世界が到来しています。
 日本人の持つ「強み」も活きてきて、ワールドワイドに活躍できる時代、喜ばしいことです。

 そのことからすれば、たとえば、政治、経済、社会活動であっても、日本から、アーティストでいえばAdoさんやYOASOBIのような存在が出てきても不思議ではないはず。
 そういう「才」が芽吹く条件は、やはり、「自由」だろうと思います。
 政治もビジネスも「自由」やん、といっても、本当の意味での「自由」、「才」が芽吹き、開花するのが一切妨げられないといえるほどの「自由」が日本にあるかどうか、だと思います。
 この場合の「自由」というのは、自然状態で放っておくということではなく、その実現には、力を持っている者がまだ力を持たない者を押さえつけることなどが起こらなくなるようにするような環境整備も必要なことです(その意味では「公正なルール」が、真の意味での「自由」の前提となります)。

 昨年の紅白は低視聴率で、NHKが掲げたテーマ「ボーダレス」がいまいちだった、という評もありますが、「才」が芽吹く社会という方向性からは、私は、このテーマは間違っていないと思います。

 もちろん自分もしっかり頑張ろう、と思いますが、「我が我が」というだけではなく、自分も、他の人も一番「活きる」あり方を考えていきたい、と思った年末年始でした。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 
nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。