SSブログ

無理なくSDGs [その他]

 経営者の集まりに出席すると、今は、

SDGs
ESG消費、ESG投資

等の話が必ず出ます。


 「環境にやさしい」
 「人にやさしい」
 「多様性を認める」

ということが企業に求められていて、

 そうでなければ、

 お客さんから商品、サービスを買ってもらえない
 取引先からも仕事がもらえない

と言われます。

 SDGsそのものは、「人間ひとりひとりを大切にしよう」というものですから、私は大賛成です。
 憲法の守ろうとする最高価値である「個人の尊厳」というのと全く同じです。

 これがビジネスでも要求されるのだ、ということは正しいことです。

 ただし、「今までと違ったルールへの対応が要求される」ということは、格差を生む恐れがあります。
 大企業は、「環境保護」のための事業や、設備投資、人の教育にもお金をかけられます。
 一方、余裕の少ない中小企業はそれが困難です。

 そういう中、

「SDGsと言ってもそれは大企業のもの」
「ウチでそんなこと言っても一円にもならない。むしろマイナス」

という率直な声も聞かれます。

 私が思うのは、SDGsにしても、「働き方改革」にしても、「賃金アップ」にしても、全て良いことなのですが、

「すぐに対応しなければ、ゲームから退場しなければならない」

というような在り方になってしまっては、かえって、強い者だけが勝ち残る、むしろSDGsの「取り残さない」理念と逆の現象も生んでしまう、ということを危惧します。

 ですので、今私が考えているのは、中小企業向けの

「無理なくSDGs」

です。

 「SDGs」は「ゴール」(目標)ということではありますが、一社で達成する目標ではありません。

 会社の規模、状況に応じて、それぞれができる範囲で無理なくやっていくことで、世界全体として人類の目標を達成していけばよいことです。

 ですので、

「SDGsは大企業のもの」

にならない、

「無理のないSDGs」の取り組み方

を経営者の皆様と一緒に模索して、それを広げていく取り組み、ということが必要だし、それをしていきたいと考えています。

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。