SSブログ

他者と働く~「わかりあえなさ」から始める組織論(宇田川元一著) [読書するなり!]


他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)

  • 作者: 宇田川元一
  • 出版社/メーカー: ニューズピックス
  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: Kindle版



 良い本でした。

 いろんな場面で「対話」をすることがとても大切、と私はいつも思っています。
 
 その「対話」とは何か?
 どうすれば「対話」できるのか?

の最も大切な点を丁寧に教えてくれる本です。

 人と人には、

 上司   と 部下
 患者   と 医師
 相談者  と 弁護士
 市民   と 市役所の職員
 先生   と 生徒
 法務部門 と 営業部門

など、色んな関係性がありますが、相手が「分かってない」「何でそんなこと言うのか?」と感じるときにどうする?

 そこに「ナラティブ・アプローチ」という考え方を取り入れていくことが必要と筆者は言います。

 「ナラティブ」とは、誰しもが持っているもの。
 
 「ナラティブ」とは

   物語、つまりその語りを生み出す「解釈の枠組み」のこと

です。

 たとえば、医師と患者の関係性でいえば、

 医師の立場では、

   人命を預かった上で、患者を診断する対象としてのナラティブ で解釈する

 患者の立場では

   医師を、自分自身の身体の問題を正しく治療してくれる「先生」として解釈する

というものです。

 
 そして、よく起こるのが、

   自分側のナラティブに立って相手を見ていると「相手が間違ってみえる」

   相手側のナラティブに立って自分を見ると「(こちらが)間違って見える」

という現象。

 私が弁護士として、依頼者に対して、「感情は感情として、こっちの方が得策ですよ」と言っても、依頼者としては「それじゃ腹の虫が収まらないんだ!」と思っている、という状態もこれに近いわけです。

 「対話」というのは、

 自分のナラティブ と 相手のナラティブ との間に 溝がある

ときに

 その溝を見つけて

 溝に橋を架けていくこと

なのだ、ということです。

 
 一言でいえば「相手への想像力」ということなのですが、そういうときの「想像」の仕方です。

 相手の立場では、どのように感じているか? なども「想像」ですが、その洞察として、
 

 相手は、相手自身のどういう「ナラティブ」物語の中で生きているのか、物を考えているのか


に思いを致すことが有効、ということです。

 
 この「ナラティブ・アプローチ」において、重要なことは、「観察する」ことだと著者は言います。

 「観察する」のだけれども、この本を読んで「ナラティブ・アプローチ」とは何かを知って、そういう考えを頭に置けば、人を「観察する」ことも、解像度がぐっと上がりそうです。

 
 さて、政治の場面などでは、「劇場型」で、「●●を排除する」というような形で、相手のナラティブを敢えて無視するようなものの言い方をする、というのも一つの手法として用いられています。
 しかし、私は、「劇場型」は人々の注目を引く手法だとしても、それだけでは上手くいかず、やっぱり丁寧な「対話」が必要だと思います。
 そのためには、色んな利害関係者それぞれの「ナラティブ」を理解して、それを尊重して、丁寧に「橋を架けていく」ことができてこそ、多くの人の納得いく変革が可能だ、と改めてこの本を読んで感じました。

 この本を読むと、

実社会で 「この人は何でこんなことを言うのか?」 ということや

SNSでも 「この人のこういう投稿はいけ好かないなあ」 ということ

にまつわるストレスも軽減されます。
 この人のナラティブはこういうことなんだな、という理解ができ、「自分には違和感があるけど、悪いわけででも、理解できないわけでもない」という領域が広がり、人に優しくもなれます。

 冒頭にも言いましたが、とても良い本です。

 おすすめです。
 

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。